結婚相談所の相談員(カウンセラー)が頻繁に変わる時はどうしたらいい?

疑問

結婚相談所の利用にあたり入会時の説明でカウンセラー(相談員)に対し良い印象を受けたので入会を決めたという人も多いことでしょう。

しかし、実際に入会してみると違うカウンセラーであったり、印象があまり良くないカウンセラーであるという声も少なくありません。

その他にも頻繁にカウンセラーが変わり、意思疎通がうまくできていないというケースもあります。

こうした場合はどうしたらいいのか、ここで紹介していきたいと思います。

 

カウンセラーは重要

結婚相談所については個人ベースではなく、カウンセラーが指導にあたったり仲介することによってお見合いがスタートするのが通例です。

自分の希望する相手の特徴を伝えて、100%とまではいかなくてもなるべく希望にそった相手を紹介してもらうというのが基本的なルールとなっています。

自分の希望を伝えるにしてもカウンセラーがしっかり理解してくれて、さらに迅速に行動に移してくれることが望ましいといえます。

しかし、中には「カウンセラーが頻繁に変わる」というケースも聞かれます。

 

カウンセラーがよく変わる場合、自分の希望がほとんど伝わっておらず、希望する条件とは違う人ばかり紹介されたり、ちんぷんかんぷんなアドバイスをされるということもありえるわけです。

そんな状態だと、あなたの婚活の方向性もあやふやになってしまい、いつまでたっても結婚に結びつかないという状況になってしまいます。

せっかく高いお金を払って相談所に入会したのに、これでは本末転倒ですよね?

それこそカウンセラーの力量で成婚率もまるで違ってきます。

できることなら、信頼できるカウンセラーと結婚に向けて二人三脚で婚活を進めていきたいところです。

ではどうでしたら良いのか?

という点ですが、まず「カウンセラーを変えないでほしい」あるいは「担当は○○さんでお願いします」と明確に伝えることです。

この要望がかなえられないのであれば退会する旨、申し出るつもりでかまいません。

カウンセラーは成婚のために欠かせない要素の1つです。

それに支障があるようなら、対応についても考え直さなくてはなりません。

 

カウンセラーをたらいまわしにされる理由がある場合

結婚相談所を利用する場合、カウンセラーの手厚いサポートが受けられるということがメリットの1つですよね?

費用が高めで設定されているのはそうした費用も含まれているためです。

それにもかかわらずカウンセラーがしょっちゅう変わったり、なんだかたらいまわしにされているという場合は、本人に問題があるケースもあります。

例えば自分を省みず高い理想ばかり掲げる人、紹介した相手の苦情ばかり言う人はそうした可能性があります。

相談所としてもこうした顧客は「問題のある顧客」です。

しかし、退会しない限り、それなりの収入になるわけですから無碍に退会させるわけにはいきません。

となるとカウンセラーを変えて、苦情についても分散させるという作戦を取るわけです。

何かトラブルがあっても「そうした引継ぎは受けていません」で話は通ってしまうわけです。

もちろんこれは非常に悪いパターンです。

 

一方、本人に特段問題はないのに相談所の悪意でカウンセラーたらいまわしのトラブルにあう場合もあります。

善意の対応が望ましいですが、自分に非がないにもかかわらず改善されないようなら思い切って相談所を変えることをおすすめします。

そうしたトラブルを回避するためにも、まずは複数の結婚相談所の特徴を比較することが重要です。

そんな時に便利なのが無料一括資料請求サービス。

一括資料請求サービスなら、たった一度の手続きで複数の結婚相談所の資料を手に入れることができます。

手元にある資料内容を熟読して信頼できる結婚相談所を見つけましょう。

成婚に至った人のコメントについても目を通したいところです。

 

まとめ

カウンセラーのたらいまわしは大きな問題です。

理想が高すぎたりクレームが多すぎるとわざとそうした対応をされることがあります。

一方、特段非がないのにたらいまわしにされる場合は、担当者を無碍に変えないことをはっきりと要望しましょう。

それでも駄目な場合は、クーリンオフの適用も含めて退会の方向で行動しましょう。

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ