奥手な女性が理想の男性と出会うための方法は?

7a2cd8ee58235c5fe6738c54bc236350_s

6月23日(火)のTBSゴゴスマと言う番組で言っていましたが、
今や若者の4割は「恋人はいらない」と言うデータが出ているそうです。

現代は昔と比べて、恋愛や結婚に「奥手」の人たちが増えているようです。

それは男女問わず言えることでしょう。

今回はそんな、昨今増えている奥手の女性が理想の男性と「出会う」方法について考えてみましょう。

 

奥手の女性でも理想がある

いくら奥手の女性であっても、自分の理想の男性像を持っているはずです。

そして「こんな人と出会ってみたい」と言う願望があるでしょう。

例えばおおざっぱなイメージで言えば、「自分のお父さんのような男性」が理想とか。

もっと細かく言えば、「包容力のある男性」「男らしくて頼れる男性」
そして「理系の男性」「公務員の男性」など。

結構具体的なイメージを持っている女性もいらっしゃるかと思います。

 

このように自分の中には、結構はっきりとした、男性への理想や希望がありながらも、奥手ゆえに何もせずいる方も多いのでは?

たとえ自分好みの男性が周囲にいても、何もしなければ何も起こらないのです。

まずは、出会いを求めて合コンや友達の紹介、結婚式の二次会などでチャンスをゲットしなければならないのです。

しかし奥手の女性は、普通上記のような機会を持つことに消極的です。

運良く「いいな」と思う男性がいても、アプローチしなければ自分の存在を認識してもらえません。

ここで言う「アプローチ」とは、女性から積極的に告白したりすることではありません。

例えば、「お疲れ様でした」「大変ですね」などのねぎらいの言葉を笑顔で気になる男性にかけてあげたり、いいなと思う男性が汗をかいていたらハンカチを差し出してあげたりと言うことです。

奥手の女性は往々にしてこのようなアプローチさえ苦手です。(実際にそういう人を何人か知っています)

気になる男性の前だと逆に緊張しすぎて、挙動不審になってしまう人もいます。

これではいつまでたっても良い出会いをものにできませんし、その先にも進めず、歳だけとってしまう羽目に。

ではどうすればよいのでしょうか?

 

奥手の女性が「出会い」を求めるなら結婚相談所

私がお勧めするのは結婚相談所です。

例えば志望校に入りたいなら、予備校に行く。

それと同じで、自分の理想の男性に出会うためには、結婚相談所に行く。

これが現代にあった出会いのスタイルの1つです。

なぜなら、一昔前は、奥手な女性でも結婚できました。

それは年頃になると、親や周りの親戚が強制的にお見合いをさせたからです。

本人も年長者達の勧めに従って、素直に結婚するのが当たり前の時代でした。

そして、たとえ奥手の女性が会社に入っても、またまた周りのお節介な上司などが、取引先の適齢期の男性を紹介してくれていたのです。

今、時代は完全に変わりました。

 

奥手の女性が何もしないで過ごしていると、一生出会いもなく、まして結婚もできない時代になったのです。

 

結婚しない女性の増加は、社会現象になりつつあるのではないでしょうか。

そこで結婚相談所です!

お金はある程度かかりますが、自分でやるとなると、1番面倒で難しい、「男性を紹介してくれる」場所なのです。

1番のメリットは時間をかけずに、奥手の女性が不得手とするアプローチをしなくとも、自分の理想の男性と出会える点です。

結婚相談所には膨大な男性会員のデータがあり、普通なら自分の生活圏内にいない男性と出会うことが可能なのです。

これは素晴らしいシステムです。

上手に使えば、理想の男性と出会って、お付き合いすることも夢ではありません。

また結婚相談所には、相談員がいます。

奥手の女性でも不安な点やわからない点を質問し、相談することができます。

これはとても心強いですね。

そして、初めてのお見合い(デート)」でも、

「どうすれば自分を上手にアピールできるか」

をアドバイスしてくれる結婚相談所もあるのです。

9848a7c1c1683703d441e9074e31417e_s

まとめ

結婚相談所には、大手、中小、規模も特色も様々あり、正直いろいろありすぎて、どれを選べば良いのか分からなくなりそうです。

そこで、便利なのが下の結婚相談所の無料一括資料請求サービスです。

パンフレットを取り寄せて情報の収集をすることで、あなたに会う結婚相談所を見つけることができます。

あなたにピッタリの結婚相談所を見つけて、理想の男性に出会いましょう!

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ