なぜ自分だけ出会いがないのか?

 

 

 

74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s

周りを見ると、友人や同僚は付き合っている人がいるのに、自分だけ何故か出会いがない。
街を歩いていても、カップルだらけなのに、何故か自分には相手がいない。

なぜ自分だけ出会いがないのか?
今回は、その原因を考えてみました。

 

① 環境が良くないから

男性ばかりの職場や女性ばかりの職場、 既婚者ばかりの職場、もしくはご年配の方ばかりの職場などなど。
会社にいる人たちのほとんどが、結婚相手対象外という環境で働いている人は、確かに出会いにおいては、不利です。

しかし、出会いがない原因=環境が良くない、という単純な問題ではない気がしますので、もうちょっと他の理由も探ってみましょう。

 

② 親や周りの人がうるさくないから

私の両親はとてもおせっかいで、私に無断で勝手に婚活パーティーに申し込みをしていました。(もちろん会費も払っておいてくれました)
私は、ぼけーっと、参加したのですが、結果的に今の主人と出会うことができ、今は、とても感謝しています。
若いうちは、婚活パーティーやお見合いに自分からガツガツと参加するのは恥ずかしいと思っている人も多いです。

そういう時に親や親戚がおせっかいしてくれると、結果的にはとても助かることになるのです。

周りを見回してみると、いまだに結婚してない友人は、ご両親が全然おせっかいじゃなく(ある意味、放任)、娘や息子が結婚していなくても特に何も行動しない、と言う共通点があります。

そう考えると、ある程度、親や親戚などの周りの人たちが、お節介を焼いてくれる環境はとてもありがたいことです。

 

③ 受け身で、本気で出会いを求めていないから

これが1番大きな原因だと思います!

60619e814f7a95d4fb9987ed7a800026_s

 

「結婚したいけど出会いがない」と言っている人に限って、受け身で何の行動も起こしていなかったりします。
飲み会に参加したり、婚活パーティーやお見合いに行くのを、めんどくさいと思っていませんか?
めんどくさいと思うのは、本気で出会いを求めていないからです。

「いずれは結婚したいけど、今じゃなくてもいいや」と思っていませんか?
もちろん、今すぐに行動起こさなくても結婚は出来るかもしれませんが、状況は今より不利になっているかもしれません。

また、「無理して結婚しなくてもいいや」と思っているなら、それが本当に本心なのか、よく考えてみることをお勧めします。

本当に自分の本心だったら何の問題もありません。
ただ、将来「やっぱり結婚しておけばよかった」と思ってしまいそうなら、自分の心に素直になって「私は出会いを求めているんだな。結婚したいんだな。」と、客観的に自分の気持ちを認めてあげてください。

自分の気持ちを整理してみることがとても大切だと思います。

 

まとめ

自分の気持ちを客観的にまとめてみることで、願望がはっきりわかってきます。
それじゃあ、その望みを叶えるために、次はどうしようかな?と行動に移すことができます。
①や②の様に、状況が不利な人でも、③の、自分の気持ちを、受け身ではなく本気に変えていけば、現状を打破できると思いますよ。

行動を変えたいなら、まずは思考を変える!です。

 

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ