結婚相談所で相手を見つけるのは恥ずかしい?

e536e394de389aeda78bfe8d41fc8818_s

結婚相談所で相手を見つけるのは、恥ずかしいと思っている方も、多くいるのでしょうか?
(逆に全然気にしない人もいると思いますが)

「恥ずかしいけど、登録しようかな~。どうしよう」

と迷っている方、そのジレンマ解消に、この記事を、お役立て下さい。

 

婚活市場における自分の「立ち位置」を確認する

「結婚相談所に登録するの迷うな~。恥ずかしい気がするし」と思っている方!

まず、婚活市場における自分の「立ち位置」を確認してみましょう。

結婚市場における自分の立ち位置とは、自分の性別、年齢、その他のスペック(年収、外見)などを客観的に見つめて、婚活市場のなかで、自分が今どの位置にいるのかを確認することです

簡単に言えば、自分は結婚市場において売り手市場なのか、それとも厳しい状況なのかということです。

結婚相談所「マリーミー」の植草美幸さんによると、例えば、女性の25歳から29歳は、売り手市場の年代です。

 

しかし35歳を過ぎると、途端に男性からの指名がなくなっていく現実があります

自分は今どの立ち位置にいるかを把握しましょう。

自分が売り手市場であれば、どちらかと言えば自分が選ぶ立場で、多少の高望みは可能でしょう。

しかしそうでないなら妥協も必要です。

シビアなようですが、自分の立ち位置を把握すれば、むやみに高スペックな相手を探して、時間を無駄にすることもなくなります。

自分が焦らなければならない状況なら、「恥ずかしい」と考えるヒマなどないのです!

 

結婚相談所に入ると「おまけ」がついてくる

昨今の結婚相談所は、単にお相手を紹介するだけでなく、恋愛テクや自己アピール術を伝授してくれたりもするのです。

婚活を通し、てプライベートや仕事でのコミュニケーション能力も結果的にアップできると言う、おまけ付きなのです。

もちろん本人のやる気が1番大切です。

結婚相談所に登録して、自分を磨く努力をすれば、あなたの魅力はさらにアップし、人生そのものがもっと豊かになるでしょう。

980e39a5fa7c9416fb99d357e721e643_s

まとめ

私の友人(女性)はもともと、結婚に明確な野望を抱いており、20代前半にして結婚相談所に入会しました。

そして自分の望み通りの、超一流大学出身の男性と結婚したのです。

 

結婚式に招待されましたが、彼女は輝いていました。

自分の夢を果たした喜びと、彼女の今までの努力を私は、ヒシヒシと感じながら、

「目標に向かって精一杯努力して、それを手に入れた人は自信に溢れている!」

と感動しました。

彼女には、

「結婚相談所で相手を見つけるのは恥ずかしい」

なんて気持ちは1ミリもなかったはずです。

素敵なお相手を見つけて、ゴールインできれば「こっちのもん」です。(笑)

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ