お見合い結婚を仲介してくれる機関は?

34c34736ae13d67df79efcd1ca604249_s

青山の結婚相談所の代表、植草美幸さんの著書「30歳から幸せな結婚ができる女、できない女」によると、恋愛結婚の方が離婚率が高いそうです。

それを考えると、無理しておとぎ話のようなロマンスを求め、恋愛結婚するより、手堅くお見合い結婚すると言うのも1つの選択肢です。
ここでは、お見合い結婚を仲介してくれる機関にはどんなものがあるのか、注意点などについて考えてみましょう。

 

どうやって結婚相手を探すの?

ベストなのは生の体験者の声

あなたの周りで実際にお見合い仲介業者に頼み、ゴールインした人はいませんか?
体験者の声なら信頼できるし、リアルな情報を教えてくれます。

インターネットで探す

周りにお見合い仲介業に頼んでゴールインした方がいなくても、まずインターネットで検索してみましょう。
「お見合い仲介業  お見合い紹介業」

このようなワードで検索してみましょう。

私も調べてみましたが、純粋にお見合い仲介業や紹介業と言うよりは、結婚相談所とほぼイコールのような所も多いです。

 

お見合い仲介業と結婚相談所の違い

場所にもよるので一概には言えませんが、簡単に違いをまとめると、結婚相談所は会員のデータがコンピューター上に登録されており、その中からあなたが気に入った人を選ぶシステムです。(選び放題と言う意味ではありません。断られる場合もあります。)

お見合い仲介業は、仲介業者の持っているデータの中から、あなたに会う相手を紹介してくれる、どちらかと言えば相手選びに関しては受け身です。
受け身とは言え、そこはプロ、今までの経験をもとにあなたに合う様、バランスや釣り合いを考えて紹介してくれます。

気になるお見合い仲介業者の相手選びのシステムが、どちらになるのか、確認してくださいね。

 

目星をつけたら、次のステップ

気になるお見合い仲介業者を見つけたら、電話で予約を入れ、実際に店舗に出向き、お話を聞きにいきましょう。
メールや電話だけでのやりとりでは不安です。
あなたの希望を直接担当者に話すことがとても大切です。

担当者に会うときの注意点

実際に担当者に会いに行くときの注意点です。
結婚は人生の一大事、ものを選ぶのとは訳が違います。直接あなたの希望を担当者に伝えることで、少しでも自分に合う人を紹介していただきたいものです。

担当者の態度や姿勢も良く観察してください。
「ただ誰かを紹介して、お金をもうければ良い」

というスタンスではなく、

「その方に最適な人を紹介させていただき、幸せになって欲しい」

と言う姿勢を感じる所を選んでください。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

まとめ

お見合い仲介業の担当者に会いに行くときは、就職試験の面接のつもりで、自分をアピールしてください。恥ずかしいと思わずに、本音を話してくださいね。
相手は、いろんな人を見ているはずですから、多少変なことを言ったとしても大丈夫です!
例えば、年齢、学歴、年収、身長、職業、趣味、この6つの中で1番ゆずれないものは何かを、伝えるのも良いでしょう。

ご健闘をお祈りいたします。(^^)

 

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ