好きな男性があなたにアプローチしたくなるように誘導する方法は?

bbf1fa3716b50bd5af471fc92a25025c_s

男性と女性はもともと性質が違うので、気になる男性に女性目線で接しても、もしかしたら効果がないかもしれません。

男性はもともと狩猟本能があるので、あなたから積極的に押すよりも、上手に誘導して彼にアプローチしてもらったほうがうまくいくかも知れませんね。

ここでは、どうすれば気になる男性があなたにアプローチしてくれるか、うまく誘導する効果的な方法をご紹介いたします。

 

気になる男性に「女性の好み」を聞き出す

それぞれの男性が持っている「女性の好み」は様々ですし、ストライクゾーンが広い方もいれば狭い方もいます。

彼の女性の好みを聞き出すために、「有名人では誰が好き?」と聞いてみましょう。

また、

「彼が女性のどんな髪型(ロングからショートかなど)が好きか」

「どんな性格の女性がすきか」も聞いておきましょう。

彼の好みに合わせて自分を演出するのも大切です。

例えば、以前「ポニーテールの女性が好きで、それだけで何故か好きになってしまう」と言っている人がいました。

彼の好みに合わせることによって、あなたのことを印象づけることもできますし、他のライバルたちよりも1歩リードすることができます。

 

気にいられやすい服装

どんな男性でも気にいる、女性の服装の「ツボ」があります。

男性は、「直線的で頑丈」と言う特徴があります。

男性はそれと対極のものを女性に求めます。

例えば、

「しなやかさ、可愛らしいさ、柔らかさ、もろさ、曲線」などです

それらを意識した外見作りをすると、誘われやすくなります。

具体的には、

  • シフォン、レース、シルク、薄いニットなどのしなやかさやもろさを表す素材の服
  • トップかボトム、どちらかを露出したら、もう一方は露出しないように清潔感を出す
  • 唇をクロスなどでつやつやに保つ
  • ピアスやイヤリングは揺れるアイテムにする(形はリボン、ハート、花、真珠などの可愛らしいものが良い。男性は狩猟本能が刺激され、無意識に揺れるアイテムに惹かれる)
  • リボンブラウス、フリルブラウス、ふわふわスカート、ウェストリボン付きのアイテムなど、可愛らしい服装を心がける

以上のポイントを押さえると、無意識に男性の本能が刺激され、アプローチしたくなります。

自分の周りにこのポイントを押さえた女性がいない男性は、特にこれらを満たした女性に惹かれます。

 

誘われるトーク術

特に初対面や知り合って日が浅い場合は、明るく爽やかな事しか言わないように気をつけてくださいね。

間違っても自分の暗い過去や、苦労話、悩み事、愚痴、元彼の文句などは言わない方が良いでしょう。

「私には悩みなんか何もない」と言うような感じで、振る舞ってみてください。

例えば、「休みの日には何をするの?」と聞かれたら、

「最近のマイブームは、①自然派レストランに行くことです。体にも良いし、②自分でも料理作りのレシピの参考になるから、料理の腕も上がっちゃいます。③実は、お勧めの場所があるんですよ」

と言ってみます。

詳しく解説すると、

①自然派レストランが好きと言うことで、健康に気をつかっていることをアピール
②料理が好きで、家でもしょっちゅう作っている家庭的な部分をアピール
③お勧めの場所があるのでよかったら一緒に行きませんか?と誘う、さりげないアピール

このように、自分の長所や、得意なこと、自分がどれだけ女らしいかと言うことをアピールしつつ、さりげなく誘うことができるのです。

題材は自然派レストランに限らず、男性が興味を引くような話題にすると良いでしょう。

例えば、

「最近友達とハイキングに行くのにハマっています。歩くのが好きだし(健康的アピール)、自分で作ったお弁当を食べる時はすごく幸せです(料理上手アピール)次に行きたい場所があるんですよ(さりげなく誘う)」などと言うのも良いでしょう。

このような手順を踏むと、男性はとても誘いやすくなります。

そして 「彼女の方から誘い水を向けてくれたから、デートに誘っても断られないはず」と思って、自信を持って誘ってくれます。

34c34736ae13d67df79efcd1ca604249_s

まとめ

男性に誘ってもらえるように誘導するためには、「自信」を与えることが大切です。

そして男性は女性とは違い、あまり「かまって、かまって」と言う気持ちが多くないので、彼が忙しい時などは、 「放置」しておくことも効果的です。

メリハリをつけて、上手に誘導してみてくださいね。

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ