結婚相談所の登録者に詐欺師はいるの?

女性 結婚相談所 費用 料金

結婚相談所の登録者については真剣に結婚したい人が前提での登録となっています。

結婚相手を見つける場として活用するのが本筋です。

しかし残念ながら「詐欺師」が影を潜めていることがあります。

詐欺師とは一体どういった存在なのか?

ここでは詐欺師に焦点をあてて紹介したいと思います!

 

結婚相談所の詐欺師には要注意!

結婚したい人にとって「結婚」は何より手に入れたいものです。

結婚相談所はそれこそ今すぐに結婚したい男女の集まりの場となっています。

多少妥協しても「すぐに結婚したい」といった人も多いことでしょう。

しかし、それぞれ条件もあるので、誰でもいいというわけではないかと思います。

となると自分の条件に合致しているあるいは妥協できる範囲でかつ、相手もコンタクトを取りたがっていることがまずはお見合いの前提となります。

男性であれば結婚相談所で人気が高いのは

  • 高学歴
  • 高収入
  • 同居なし
  • 未婚

 

女性であれば

  • 結婚後も共働きOK
  • 同居OK
  • 初婚あるいは子なし
  • 若さ

となっています。

 

こうした好条件の場合、相手もぜひお見合いしたい理想像です。

 

しかしよく考えてみてください。

 

それほど条件がいいのであれば、それこそ選り取りみどりでは?

なぜこんな良い条件の人が結婚相談所を利用しているのか?

 

まずは純粋に「出会いがない」というケースです。

そして

「身元がしっかりした相手をお見合いしたい人」

も結婚相談所を利用するケースが多くなっています。

ここまではいいのですが、問題は「詐欺師」の存在です。

ニュースなどでもたびたび取り上げられていますが、いわゆる「結婚詐欺」は現在も存在しています。

結婚詐欺にあうのは絶対に避けたいところです。

ではどういった点で見極めればいいのでしょうか?

 

資金援助や旨過ぎる話が出たら詐欺師だと思え!

強烈なイメージのタイトルですが、結婚相談所で

「資金援助や旨過ぎる話が出たら詐欺師だと思え!」

まさしくこれです。

結婚詐欺の目的はお金を流出させることにつきます。

結婚を餌に甘い言葉の数々をささやいてきます。

条件についても良くて当たり前です。

条件を武器に結婚詐欺をたくみに仕組むのが詐欺師の技です。

例えば

「君と結婚を視野に入れて事業拡大を計画しているが、あと100万円ほど資金が足りないから貸してくれないか?」

といったものです。

婚約者が自分のために事業拡大を考えてくれるなら・・・とつい100万円渡してしまいます。

しかしこれが詐欺なのです。

大概お金を渡したら「エンド」です。

ここで相手が音信不通になったり、うやむやのまま別れを切り出されたりするのがパターンです。

さらにその後10万円、30万円と追加でお金を要求するパターンも少なくありません。

気がついたら何百万も貢いでいたり、貯金がなくなって

「もしかして結婚詐欺だったの!?」

と気づくわけです。

「甘い言葉には裏がある」ということをお忘れなく。

 

まとめ

結婚したい人を餌に結婚詐欺を企てる悪い人もいます。

残念ながら今だにそうした被害は報告されています。

結婚詐欺にあわないよう上記に気をつけて、お金の話が出たらまず結婚詐欺を疑いましょう。

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ