結婚相談所で紹介された相手の年収が嘘だった時の対処法は?

結婚相談所 婚活 30代 女性 男性

結婚相談所を利用する人の中には、「条件」に重点を置いて結婚相手を探している人が少なくありません。

想像したくはありませんがもし条件が「嘘」だったら・・・。

実際にそうした被害もあります。

特に女性にとって年収は気になるものです。

年収が嘘だった場合の対処法についてご紹介したいと思います!

 

年収が嘘の場合もあるって本当?

結婚相談所は婚活サイトなどと比較して審査が厳しいのが原則です。

独身証明書や年収証明書など書類提示も求められます。

しかし、中には悪意を持って不正をしている人も存在します。

特に要注意なのが「年収」です。

結婚相手に特に女性は年収は「必須条件」となっています。

年収が低い相手はどんなに容姿端麗でも相手にならないといった人が大半です。

容姿を妥協してもぜひ会いたいのが「高年収」の男性となっています。

高年収までいかなくてもせめて600万円はほしいといった人も多いことでしょう。

結婚の条件では、男性の学歴と年収は女性の容姿に匹敵する武器であり、そこが欠けているとなかなか結婚相手はみつからないものです。

もちろん、こうした事実を男性陣も理解しています。

「結婚相談所に登録したのに年収が嘘だったので破局に至った」

というケースも耳にします。

しかも年収証明書の提出が必要にもかかわらず、そうしたトラブルに見舞われたケースです。

Aさんのケース

Aさんの例では、相手の男性(Fさん)の年収がなんと半分程度だったのです。

Aさんは専業主婦希望なので年収1千万円と記載されたFさんとお見合いしました。

Fさんは人当たりもよく、Aさんはこの人なら結婚していいと思い2人は成婚、そして退会届けを出しました。

しかし悲劇は突然に起こります。

結婚後にFさんから

「実は去年転職して年収が500万円になっている」

と打ち明けられました。

Aさんは結婚してしまった後にそんなことを言われても・・・

と頭がパニックになったそうです。

この嘘が原因でFさんとの離婚を決意したAさん。

Aさんは結婚相談所に申し立てをしました。

 

結婚相談所の対応について

Aさんの入会していた結婚相談所では入会時に独身証明書と年収証明書の提示を条件としています。

AさんからFさんの話を聞き苦情が来た際、相談所側も驚きを隠せませんでした。

しかし、Aさんの話から入会後に転職し、年収が半分だったことから相談所側は「責任はありません」の一転ばりでした。

確かに相談所は入会時に書類提出を義務付け、かつ提出した内容に基づき紹介しているわけです。

入会中に転職などによって年収に変更があった場合、必ず届け出るよう規約に記しています。

よってこの場合、誰が悪いか?というと「Fさん」です。

AさんはFさんに慰謝料を求めることができます。

相談所については、このあたりも厳格な規制を設けており、やれることは必死で行っています。

詐欺の場合、相談所の責任よりも相手方の責任になるケースが大半です。

 

まとめ

結婚相談所では最初に必要書類の提示を求めます。

審査についても厳格におこなわれ、虚偽については徹底しています。

しかし入会者が悪意を持ってきちんとした届出をしなかったあるいは変更があったなどトラブル事例も報告されています。

大抵、悪いのは相手方です。

慰謝料の請求も相手方に発生します。

もしも、こうしたトラブルに巻き込まれた場合は弁護士に相談しましょう。

こうしたトラブルを防ぐためには、年収などの条件について結婚前に必ず念押しをして確認することしかできないのです。

あなたにピッタリの結婚相談所の見つけ方知っていますか?


⇒仲人型結婚相談所おすすめランキングはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ