経験者が語る!失敗しない結婚相談所の選び方は?

結婚相談所に入会を考えて色々調べてみても何処がいいのかわかりませんよね?

相談所に入会した経験者だからわかる失敗しない相談所の選び方をいくつか紹介します。

入会を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

 

自分の性格、条件に合うのはどのタイプか?

結婚相談所 費用 料金

相談所の中には大きくわけて以下の3つのタイプがあります。

  • インターネット型
  • データマッチング型
  • 仲人型

それぞれの相談所で紹介の仕方が変わってきます。

自分は積極的に行動したいのか、手厚いサポートを受けたいのか、仕事が忙しくあまり時間がないから自分のペースでお相手を探したいのかで大きく変わってきます。

以下の表に簡単にそれぞれの特徴をまとめてみましたので、あなたはどのタイプの結婚相談所が合うのか参考にして下さい。

  サポート体制 費用 会員数
インターネット型
データマッチング型
仲人型

入会してから後悔しないように、入会する結婚相談所について徹底的にリサーチをして、あなたに合うタイプの相談所を選びましょう。

 

料金プランは明確か?納得できるか?

結婚相談所は高いイメージがありませんか?

インターネット型の場合はサポートが無い分、安く利用することができますが、データマッチング型や仲人型の場合は担当者のサポートがあるため、どうしても費用が高くなってしまいます。

結婚相談所を利用する上で必要な費用としては、以下の3つは最低限必要です。

  • 初期費用(入会金など)
  • 月会費
  • 成婚料

 

注意が必要なのは、成婚料が0円である代わりに、初期費用や月会費が割高に設定されている結婚相談所です。

こうした相談所は、会員を成婚させる自信が少なく、在籍期間中を長くすることで月会費を多く支払ってもらおうと考えている場合があります。

大手の結婚相談所の場合はこうした心配は必要ありませんが、あまり有名でない相談所の場合は注意して下さい。

サポートが充実していて納得できるプランなら少し高くても納得はできますが、どうせ活動するなら費用を抑えて、めでたくお相手が見つかってからの成功報酬で成婚料を支払うプランが安心して活動できますよね。

 

成婚料はあんまり気にしないこと

結婚相談所の中には入会金などの初期費用、月会費を安く設定し、成婚料が高いところがあります。

でも、成婚料が高い相談所はそれだけ成婚に自信があるということです。

相手が見つからないのに月会費を払い続けるよりもはるかに経済的だと思いませんか?

 

例えば、以下のようなA、Bという2つの結婚相談所があったとします。

結婚相談所A(成婚料0円、平均的な価格設定)
初期費用 10万円
月会費 1万5千円
成婚料 0円
結婚相談所B(成婚料重視の価格設定)
初期費用 5万円
月会費 5千円
成婚料 20万円

パッと見た感じだと成婚料20万という数字を見ると

こんなに高いのは厳しいなあ・・・

と感じるかもしれません。

 

ですが、1年間活動して結婚できた場合の費用で考えると

結婚相談所A・・・初期費用10万+年会費18万(1.5万×12カ月)+0円(成婚料)=28万円

結婚相談所B・・・初期費用5万+年会費6万(0.5万×12カ月)+20万円(成婚料)=31万円

となり、その差額は僅か3万円です。

 

これがもし成婚するまでに2年間かかったとすると

結婚相談所A・・・初期費用10万+年会費36万(1.5万×24カ月)+0円(成婚料)=46万円

結婚相談所B・・・初期費用5万+年会費12万(0.5万×12カ月)+20万円(成婚料)=37万円

 

となり、成婚料が高くいと感じていた結婚相談所Bの方が9万円も安くなるのです。

 

 

こう考えると、

成婚料が高いから・・・

という理由で選択肢から除外するのは賢い選択ではありませんよね。

以上のことから、結婚相談所Bのような料金体系の相談所は、会員が長い間結婚できずにいると人件費などの経費がかさむので、短期間であなたを結婚まで導いてくれるでしょう。

 

安心して利用できる相談所かどうか?

相談所の中には免許証などの身分証明だけで入会出来るところもあります。

簡単に入会できていいなあ

と思うかもしれませんが、過去には

  • 既婚者が入会していて結婚詐欺にあってしまった
  • 年収が嘘だった
  • 学歴・勤め先が嘘だった

ということもあるので入会前の審査が厳しい相談所を選びましょう。

 

ちなみに、入会時に以下の書類の提出を求める相談所は十分な入会審査を行っていると判断できます。

  • 独身証明書(公的機関でのみ発行可能)
  • 収入証明書(源泉徴収や所得証明など)
  • 卒業証明書(卒業証書のコピーや卒業証明書)

 

クーリングオフできるか?

十分なリサーチを行ったものの、

いざ入会してみると思っていたのと違った・・・

ということになっては非常にお金がもったいないです!

そのため、入会しようとしている結婚相談所にクーリングオフ制度があるかどうかは必ず確認しておきましょう。

健全な相談所であればHPや資料などにクーリングオフに関する記載がありますので要チェックです。

 

ある程度の規模(会員数)があるか?

結婚相談所は大手が運営しているものから、個人で行っている小規模なものまで多種多様です。

当然、大手になればなるほど会員数は多くなりますが、規模の小さい結婚相談所でも連盟に加入している場合は紹介できる人数は多いです。

ですが、本当にこじんまりと運営されている結婚相談所の場合は会員数が少ないため、なかなか相手を紹介してもらえないこともあるので、事前に会員数がどれだけいるのかは確認しておきましょう。

ただし、高収入・高学歴などのエグゼクティブな方を対象とした結婚相談所の場合は例外です。

なぜなら、こうした結婚相談所は量よりも質を重視しており、そもそも、エグゼクティブな方はそんなにたくさんいませんからね。

このような例外を除いて、会員数が多い相談所だと普段知り合うことが出来ないような方との出会いも増え、出会いの幅が広がります。

極端に会員数が少ない結婚相談所はなるべく避けた方がいいですよ。

 

担当者を変えられるかどうか?

データマッチング型、仲人型の結婚相談所を利用する場合は、あなたに担当者(カウンセラーや仲人)がつきます。

実は、この担当者があなたの結婚に大きな影響を与えるのです。

正直、担当者との相性が悪いと結婚できるものもできないと思って下さい。

 

なぜなら、担当者があなたが求める相手の理想、条件をカウンセリングし、その情報を元に相手を紹介してくるからです。

もし、相性の悪い担当者にあたってしまった場合、あなたの希望とは全く違う人ばかり紹介されることもあり得ます。

中には、あなたの希望を無視して

「この人の方がいいと思うよ」

「あなたの年齢だと希望する相手は難しいから無理」

などと提案してくる人もいます。

 

このような状況になってしまうと高いお金を支払って結婚相談所に入会した意味がありませんよね?

ですから、入会する前には必ず、

 

担当者の変更が可能かどうか?

 

ということを必ず確認しておいてください。

 

多少はあなたの為を思ってきついことを言う人もいるかもしれませんが、あまりにも上から目線な態度の人や、性格が合わなそうなら我慢しないで担当者を変更しましょう!

担当者によってアドバイスも全然違いますので信頼出来る担当者に出会えない場合に変更出来るかを事前に確認しておくことはものすごく大切です。

 

必ず資料請求して下さい!

結婚相談所を検討する際はネットの情報だけに頼らず、必ず資料請求をして下さい。

めんどくさいかもしれませんが、結婚相談所選びを成功させるためには避けては通れない道です。

 

ネットは色々な情報を手軽に手に入れることができるので非常に便利なのですが、各相談所の資料にはネットではわからない情報が記載されています。

例えば、実際に成婚した人達が写真付きで登場してたりサポート内容も細かく紹介されていたり、費用についても詳しく記載されています。

また、お得なキャンペーンを実施していたり、入会後に利用できるお得な制度なども分かります。(休会制度など)

 

特に、資料請求をせず、結婚相談所に関する知識が少ない状態で無料カウンセリングに行くと、その場で強引に入会を勧められることがありますので、結婚相談所についてある程度理解してからカウンセリングに行ってください。

 

そうやって結婚相談所について調べていく中で、

  • 自分に合う結婚相談所はどんな相談所なのか?
  • 自分がどんな結婚相談所を求めているのか?
  • どんな結婚相談所ならストレスなく利用できるのか?

などについても分かってきますよ。

ここまでできれば結婚相談所選びで失敗することは無いでしょう。

⇒おすすめの仲人型結婚相談所ランキングはこちら

↓↓面倒な資料請求をまとめて1分でできるサービスはこちら↓↓

結婚サービス比較.com

サブコンテンツ

このページの先頭へ